ギャンブルの種類でも特に有名なブラック・ジャック

様々な種類のギャンブルの中でも、ブラック・ジャックは非常に有名なカードゲームとなっています。世界各国のカジノでも、必ずと言っていいほど取り扱っており、世界中で親しまれているギャンブルとなっています。

さて、ブラック・ジャックの基本ルールとして、ディーラーとプレイヤーとの勝負になるのですが、カードの数字の合計が21に近い方が勝ちとなります。絵柄のカードは全て10の扱いとなり、エースに関しては1と11の両方として扱うことができます。もしも、10のカードとエースのカードがくれば、ブラックジャックとなりその時点で勝利となります。

さて、ブラック・ジャックの基本的な戦略としては、もちろん21に近づけることが重要となるのですが、もしも数字の合計が21を超えてしまうとその時点で負けになってしまうのです。そのため、どういったタイミングでストップするかが大きな鍵となります。

また、ディーラーは必ず数字の合計が17以上になるまでカードを引かないといけません。そのため、もしディーラーが21を超えてしまえば、プレイヤーはどれだけ弱い数字でも勝ちとなるのです。

したがって、このギャンブルで勝つことを目指すのであれば、そういった駆け引きを考えながら勝負することが重要となります。ディーラーのカード状況によっては、あえて21に程遠い数字でもストップする方法もありますし、とにかく21を超えないことを最優先に考えるのもありなのです。